髪を増やす ビタミン

髪を増やす7つのビタミンとは?

髪を増やすためには重要なことが2つあります。

 

◎1つは抜け毛や細毛になる原因を止める事。

 

◎もう1つは髪の成長を加速させる事。

 

この2つを同時にやらなければ十分な効果を得られることはできません。

 

つまりビタミンを摂取することで髪を増やす場合、抜け毛を止めるビタミン髪を生やすビタミンを同時に吸収しなければ意味がないということです。

 

薄毛を改善するためにいろんなビタミンを大量に摂る人もいますが、過剰に摂取することが逆に髪が抜けてしまうものもあります。どのビタミンが髪を増やすために必要なものかしっかり把握しておきましょう。

 

それではまず抜け毛と止めるためのビタミンにはどんなものがあるでしょうか。

 

ここではビタミンに限らず、抜け毛を止める成分も紹介したいと思います。

 

 

⇒⇒髪に効く栄養のみ配合!育毛サプリはこちら

 

 

抜け毛を止めるビタミンの前に知っておくべきこと・・・

 

抜け毛を止めるビタミンを紹介する前に、薄毛になる原因を知っておきましょう。

 

薄毛のなるメカニズムは、世界中で研究が進んでおり、そのほとんどが解明されているんです。

 

薄毛90%以上の原因とは?

 

簡単に言ってしまうと、男性が薄毛になりやすいのは男性ホルモンを多く持っているから。

 

ただ男性ホルモンだけでは薄毛になることはありません。

 

頭部の多く存在する特殊な酵素と結びつくことによって、脱毛を引き起こし、髪の成長サイクルを短くするホルモンに変わってしまうのです。

 

このことで薄毛になることをAGA(男性型脱毛症)と呼んでいます。

 

薄毛専門医の話では男性薄毛の90%以上が、必ずAGAが関係していると言われています。

 

それを裏付ける理由は、男性の薄毛が圧倒的に多いこと。
それから頭頂部とおでこ左右の生え際が薄くなる人が多いことです。

 

男性ホルモンが多ければ当然AGAが発症する確率は上がりますよね。
(逆に女性ホルモンが多いと髪の寿命は延び、薄毛は減ります。)

 

頭頂部とおでこの生え際付近が特に薄くなりやすいのは、その2カ所に男性ホルモンと結びつき、AGAを発症させる酵素が多いからです。つまりこのAGAを発症を防ぐビタミンや栄養成分を摂ることが、髪を増やす上で重要なポイントになります。

 

それではさっそくAGAを止めるビタミンを見ていきましょう。

 

抜け毛を止めるビタミンとは?

ビタミンというわけではありませんが、抜け毛を止める成分として亜鉛とノコギリヤシがあります。

 

髪を作り、抜け毛も止める亜鉛

これはビタミンではなく、必須ミネラルと呼ばれているもので、AGAの原因となる酵素の活動を抑制してくれます。

 

亜鉛が多く含まれている代表的な商品にカキがありますね。

 

亜鉛は1日12mgの摂取量が必要とされていますが、これだけではAGAを抑えることはできません。

 

上限が40mg〜45mgとされているので、この限度を超えない程度は摂取したいところです。

 

世界中で注目のノコギリヤシ

北アメリカに見られる固有種で、特徴はヤシの葉のような鋭い葉を持っていること。

 

この葉には前立腺肥大や泌尿器系を治すハーブとして、ヨーロッパでも中国でも使用されていました。最近になって、AGAの原因となる酵素の活動を抑える作用が発見されたので、髪を増やすハーブとして注目されています。

 

まずこの2つの成分で抜け毛を止め、髪の成長サイクルをもとに戻します。そして次に紹介するビタミン・栄養成分で髪を増やしていきます。

 

髪を増やすビタミンとは?

どんなにいい育毛剤を使ったとしても、髪を増やすために必要なビタミンを摂っていなければ効果がありません。

 

理由は単純で、「材料」がなければ髪を作ることはできないからです。

 

それでは髪を増やすビタミンにはどんなものがあるでしょうか。

 

寿命を延ばすビオチン

ビオチンはビタミンB群の1種で、髪の寿命を延ばしてくれるビタミンです。
作用は毛乳頭付近の毛細血管を太くしてくれるため、血流が促進されます。血液が多く頭皮にめぐることによって、多くの栄養素と酸素が髪にも運ばれることになるので、髪の成長は早まります。

 

ケラチンを作るビタミンB6

髪を作る上で重要なビタミンです。
髪はほとんどがケラチンと呼ばれる硬く変化したタンパク質でできていますが、ビタミンB6がなければケラチンを作ることができません。ビタミンB6がないと髪を作ることができないということです。

 

血行促進のビタミンE

若返りのビタミンとも呼ばれ、血管内をキレイに掃除してくれます。
それによって血液がスムーズに流れることができるので、ビオチンと同じく多くの栄養を髪に届けることができるようになります。

 

髪を太くするコラーゲン

コラーゲンは高い保湿作用で有名ですが、髪の太くする作用も学会で発表されています。
コラーゲンを8週間摂った後、髪の直径が太くなっていることが確認されています。

 

女性ホルモンを増やすイソフラボン

女性ホルモンのエントロゲンと似た作用をもっています。
女性ホルモンは髪の成長を長く保ってくれる作用をもっているので、イソフラボンを摂る事で抜け毛を防いでくれるのです。

 

髪を増やす成分がすべて入ったサプリメントとは?

7つの髪を増やすビタミンと育毛成分について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

 

この7つの成分を毎日十分に摂る事は難しいですよね。
メニューを毎日考えなければならないと思うだけでゾッとします。

 

それであれば1日3回の育毛サプリを飲むことも1つの手です。

 

サプリメント「BOSTON」には、髪を増やすのに必要な栄養素が1粒にギュッと濃縮されています。

 

だからこそ1日たった3粒飲むだけで髪に必要な栄養素は完璧に補給できるんです。これだけ簡単な髪を増やす方法であれば長く続けることができますよね。

 

育毛に重要なことは「続ける」ことです。
はっきり言って1カ月では効果は出ません。

 

それではサプリメントに関わらず、すべての育毛法に通じること。

 

ほとんどの方が3カ月も続けることができないので、十分に効果が出る前に辞めてしまいます。

 

とりあえず3カ月は継続してみてください。

 

ある日突然、髪の質・ボリュームに変化が出るので驚きますよ!

 

 

⇒⇒飲むだけで自然に髪が生えてくる!BOSTONはこちら